グローバル・マーケティング открытые
[search 0]
Больше

Download the App!

show episodes
 
森辺一樹のグローバル・マーケティング BEST10

1
森辺一樹のグローバル・マーケティング BEST10

森辺一樹 スパイダー・イニシアティブ株式会社 代表取締役社長

Unsubscribe
Unsubscribe
Ежемесячно
 
ポッドキャスト番組「森辺一樹のグローバル・マーケティング~すべてはアジアで売るために~」はお蔭様で配信を始めて第140回を迎える事ができました。配信回数が増すごとにリスナーの皆様から「どこから聞き始めたら良いですか?」「おすすめの番組はどれですか?」等々、たくさんのお声を頂くようになりました。そこで、こちらでは人気順のBEST10番組をご用意させていただきました。グローバル・マーケティングの専門家である森辺一樹の考え方やゲストとの対話から「グローバル展開のヒント」を何か一つでも得て頂ければ幸いです。また、ぜひ通常版のPodcast番組も合わせてお楽しみ下さい!■「森辺一樹のグローバル・マーケティング〜すべてはアジアで売るために〜」⇒ http://goo.gl/V4HuVW ■番組へのお問い合せ・ご質問・ご感想はこちら ⇒ podcast@spydergrp.com
 
Loading …
show series
 
「グローバル・マーケティングとは、世界のニーズに答えて利益をあげること」グローバル・マーケティングの専門家である森辺一樹がスパイダーを通してどのように世の中に貢献をしていくたいのか、熱い想いを語っています。グローバル・マーケティングの全体像を理解し、アジア新興国でチャネル構築をすすめる事が日本企業のグローバル展開を広める事になります。 No.1
 
グローバル・マーケティング研究の第1人者 明治大学 教授 大石芳裕氏の登場です。 日本企業が抱えているグローバル展開の課題とは何か?大石教授はグローバル・マーケティングとは、歴史的・理論的・国際的に考える事が重要だと指摘されます。 No.2
 
事前準備が甘いと待っているのは「撤退」と「損失」。アジア進出は投資であり、森辺一樹は日本企業に対して「2つの勇気」が必要であると提言します。グローバル・マーケティングとは戦略を立案し、実行し、売り上げをたてるまでの一連の活動をさすのです。 No.3
 
今、スパイダーが最も注力している国は、フィリピン・インドネシア・中国です。 お客様から「どの国が得意なの?」という質問を頂く事が多くなっていますが、得意不得意で言いますと、中国・ASEANを得意としています。ただ、森辺自身が関わった案件で言いますと、欧米を含めインドや中東なども経験しています。 チャネル構築とは【アーキテクチャー】であり、国が変わっても構築していくプロセスは基本的に一緒だと考えます。 No.4
 
チャネルの重要性が益々高まっています。日本の営業力はインドネシアでは通用しません。そうなりますと、日本企業はグローバル・マーケティングの中でも「グローバル・チャネル戦略」をきちんと構築すべきなのです。欧米メジャーはそもそもマーケティング力が強くチャネル戦略が明確にあります。ですから、自分たちの商品を流通させる「チャネル・マーケティング」に投資すべきなのです。 No.5
 
「海外に出ていく必要があるのか?」そんな疑問を持つ若い人は非常に多いのではないでしょうか? そんな問いに、水野真澄氏が答えます。海外に出て外国語で話すと、不自由な中で相手と会話するため話し方や構成を常に考える必要があります。海外に出て、外から日本を見てみる経験をぜひ体験してもらいたいと氏は語ります。 No.6
 
イノベーションというと日本では「技術革新」と捉えられますが、社会に新しい価値を生み出すことがイノベーションです。科学の力を掃除機に応用したジェームス ダイソン社長は「サイエンスをベースにしたイノベーションをやらないといけない」と話していました。この発想が、日本には足りないのかも知れません。昨日よりも今日、今日よりも明日が良くなる為に、ひとりひとりがプロになる必要があります。その為には、技術を極めると共に価値創造を意識する必要があるのです。 No.7
 
13年間の海外支援経験の中で森辺一樹自身が考える「日本企業が海外事業を失敗させる3つの法則」をここに紹介します。1)コネや人脈頼りの属人的な海外展開 2)財閥や同業種を選んでパートナーを組む海外展開 3)現地法人ありきの箱だけ海外展開  あくまでも傾向ではありますが、この3つの法則を先に学んで戦略的な海外展開するだけでも成功の確率はぐんとあがるのではないでしょうか。 No.8
 
中国市場を攻めるには、形と本質を本末転倒してはいけません。形を本質だと勘違いしてしまうと中国では失敗してしまうのです。 日本でつくりあげたビジネスモデルをそのままもっていくと本質を見ていません。例えば、空気清浄機は日本メーカーは選ばれずフィリップスに負けています。それはなぜかと言うと、「形と本質」という言葉の中に答えが隠されています。 No.9
 
イノベーションを代表する企業としてよく取り上げられるアップル社ですが、彼らの「経営管理モデル」は非常に優れています。日本企業の経営管理モデルは10年から15年ほど遅れています。アップルやサムソンなど、業績が良い企業は必ずと言っていいほど、最前線の情報を必ずウォッチしています。どのように海外チャネルをつくるかは、最前線・最細粒度の情報が非常に重要なのです。 No.10
 
Loading …

Краткое руководство

Google login Twitter login Classic login