ミュージック открытые
[search 0]
Больше

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
今週は、先月にファーストアルバムをリリースし、香港の人気俳優と歌手、ニコラス・ツェーにそっくりすぎることで最近話題となっている新人歌手、黃霆睿(Ray/レイ・ホァン)の歌をお楽しみいただきたいと思います。
 
台湾のレコード大賞に相当し、C-POPの最高栄誉のミュージックアワード、金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)の第32回の授賞式は、今年の8月21日に行われました。
 
F.I.R.(エフ・アイ・アール)は、バンドの正式名称「「フェアリーランド・イン・リアリティー」の略称であり、バンドが結成された時のメンバー3人の英語名、女性ボーカルのFaye(フェイ)、男性ギタリストのIan(イアン)、男性キーボード兼団長のReal(リアル)の頭文字の組み合わせでもあります。
 
今週お送りするのは、ケニー・クーが今年のはじめに発表した、4枚目の個人アルバム『日環食(Eclipse/金環日食)』です。このアルバムの発売に合わせて、アルバムのイメージリングもグッズとして販売されていましたが、1個およそ日本円1万1700円という値段は、ケニー・クーの主なファンである、10代から20代前半の少年少女にとっては高すぎるため、一時期はネット上で論議となっていました。しかしそれにも関わらず、イメージリングはすぐに売り切れてしまいました。ケニー・クーの人気ぶりがわかりますね。
 
「人生は60歳から」という言葉を聞いたことはありますか?人は60歳を過ぎると、周りから退職を打診されることが多くなると聞いています。しかし、60歳でも、まだまだ人生の始まりだ、と思う人も、きっと少なくないでしょう。
 
音楽ファンにとって、一番嬉しいことはなんでしょうか?私にとっては、やはりすでに活動停止、または解散したと思われたアーティストが、再び活動し始めたことでしょう。
 
今週は、台湾の人気男性ラップ歌手、大支(台湾語読み/Dwagie)が今年にリリースした8枚目の個人アルバム『台湾隊長(キャプテン・タイワン)』をお送りいたします。
 
さて、このコーナーではここ最近、今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワードで特に注目を集めている賞にノミネートされている歌手とその作品を紹介していますね。
 
今週は、今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワードの標準中国語部門の最優秀男性シンガー賞にノミネートされた歌手をご紹介いたします。
 
今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワード、今週からは、毎年特に注目を集めている部門、標準中国語部門のシンガー賞にノミネートされた歌手をご紹介いたします。
 
今週は、先週に引き続き、今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワード、台湾最大の方言、台湾語部門の最優秀男性シンガー賞にノミネートされた歌手とその作品をご紹介いたします。今年のノミネート者は、芸歴数十年のベテラン歌手もいれば、近年頭角を現している新世代の歌手もいます。世代も曲風も違う実力者勢揃いの激しい競争になると予測されていますよ。
 
台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワード、今週から二週間続けて、台湾最大の方言、台湾語部門のシンガー賞にノミネートされた歌手をご紹介いたします。この前にご紹介した、台湾の二番目に大きいエスニックグループ、客家人の言葉、客家語部門と、原住民族部門と違って、台湾語部門は最優秀シンガー賞を、男女別に分けています。今週は台湾語の女性シンガー賞のノミネート歌手をご紹介いたしましょう。そして来週は男性シンガー賞のノミネート作品をご紹介いたします。
 
今年の台湾のレコード大賞、第32回ゴールデン・メロディ・アワードの授賞式は、6月26日に行われる予定ですが、最近台湾での新型コロナウイルスの感染状況が深刻化していることにより、ゴールデン・メロディ・アワードの主催機関、文化部は5月26日、授賞式の開催を延期すると発表しました。このコーナーでは引き続き、今年のゴールデン・メロディ・アワードで注目されている部門のノミネート者と作品をご紹介したいと思います。
 
C-POPの最高栄誉と言われる、台湾のレコード大賞、第32回金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)の授賞式が6月26日に行われます。6月26日までのミュージックステーションでは、ゴールデン・メロディ・アワードで注目されている部門のノミネート歌手の歌をお送りいたします。今週は台湾の2番目に大きいエスニックグループ、客家人の言葉、客家語部門の最優秀シンガー賞にノミネートされた歌手をご紹介いたします。候補者は、五人います。
 
今年もいよいよ、C-POPファンが心待ちにしているイベント、台湾のレコード大賞と呼ばれる、金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)が行われる時期がやってきましたね。今年、第32回ゴールデン・メロディ・アワードは、6月26日に台湾北部、台北市の多目的体育館・台北アリーナで行われる予定です。そのノミネートリストは先週に発表されましたので、今週からこのコーナーでは、ゴールデン・メロディ・アワードで特に注目されている部門のノミネート作品、ノミネートされたアーティストをご紹介したいと思います。受賞するのは誰なのでしょうか?ぜひ予測してみてください。
 
最近は、私個人にとってとても嬉しいニュースがあります。1990年代後半に彗星の如く現れた、大人気の台湾の二人組ロックグループ、「動力火車(Power Station/パワーステーション)」が、なんと今年4月23日、5年ぶりにニューアルバムをリリースしました。
 
もうすぐ5月5日、日本のこどもの日になりますね。ご自宅に子供のいる方は、なにかをして祝う予定はありますか?子供の日に向けて、今週は、台湾の子供の歌、つまり「童謡」をご紹介したいと思います。標準中国語の童謡を3つのテーマに分けてご紹介いたします。童謡の曲の長さは、どれもかなり短いですから、今週はいつもより曲を多めにお送りいたします。
 
今週は、1980年代から今までに活躍し、今年で晴れてデビュー40周年を迎える台湾の男性シンガーソングライター、沈文程の歌をお届けしたいと思います。
 
今週は、台湾の盲目の男性シンガーソングライター、蕭煌奇(リッキー・シャオ)の新作アルバム『舞台』をお楽しみいただきたいと思います。
 
今週は台湾の人気歌手、女優、作家、監督など、様々な分野で活躍しているマルチタレント、劉若英(レネ・リュウ)が先月にリリースしたアルバム『各自安好(Each Well)』をお送りいたします。
 
今週は、謝和弦(R-Chord/アールコード)という、台湾の男性シンガーソングライターの歌をお楽しみいただきたいと思います。ここでは、彼のニックネーム、「R-Chord(アールコード)」とご紹介させていただきます。
 
台湾には、16部族の先住民族がいます。人口はおよそ68万6800人、台湾の人口の2.45%占めています。歴史的背景などの影響により、先住民族は昔から独自の文化がだんだん失われていくという問題に直面しています。
 
台湾は、安くて美味しいグルメで知られています。台湾では、漢民族、先住民族、海外からの新住民など、様々な民族の人たちが暮らしているため、多様な食文化を誇っています。どの食べ物にも、それぞれの物語があります。
 
今日、2月22日は、日本の「猫の日」ですね。確か、これは日本の猫好きの人々が作った「猫の日実行委員会」と、一般社団法人ペットフード協会が1987年に制定した日で、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝する日」という意味合いのある記念日です。日本全国の猫好きから公募で、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」にちなんで、2月22日にしたそうです。ご自宅に猫を飼っている方は、今日猫さんと遊んであげましたか?
 
今日は旧正月の四日目。旧正月の7連休はあと明日一日だけです。旧正月になりますと、人々は大体この期間を利用して、普段ではあまり会えない友達を訪れたり、家族と旅行し、春の景色を満喫したりします。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、旅行する人が大幅に減少し、各地のホテルの予約もほとんどキャンセルされたとニュースで報道されていますが、街中では例年とは変わらず、活気にあふれていますよ。
 
皆様は、台湾語をご存知ですか?台湾語は、もともと中国大陸福建省で使われている方言で、「閩南語(閩:福建省の略称)」とも呼ばれています。およそ17世紀から漢民族の移住とともに台湾に伝来し、今は台湾最大の方言として、人々に親しまれています。ところで、実は台湾語は、世界の多くの方言のように、年齢層の低下につれ使う人が減少している傾向が見られます。
 
今週は、台湾最大の方言、台湾語の女性シンガーソングライター、張雅淳のファースト・アルバム『我住在一個島上(島に住んでいる私)』をお楽しみいただきたいと思います。
 
2021年初めてのミュージックステーションということで、皆様、あけましておめでとうございます!日本は、まだまだ年末年始の休み期間中なのでしょうか?台湾はといいますと、お正月と言ったら、やはり本番は、今から1ヶ月後の2月11日から始まる旧正月です。ところで、元日は中華民国の開国記念日で、国定休日。2日と3日は、土曜日と日曜日なので、今年は三連休でした。
 
スウェーデン発祥、音楽ストリーミングサービス、Spotify(スポティファイ)も、今月に、台湾ユーザーの使用状況に関するレポートや、この2020年の間に、台湾で再生回数が最も多かった歌トップ5を発表しました。
 
台湾最大の方言、台湾語の男性シンガーソングライター、許富凱(ヘンリー・シュー)は、来年にデビュー10周年を迎えます。今月、ヘンリー・シューは2年ぶりに新作アルバム「拾歌」をリリースしました。今週は、このアルバムをお楽しみいただきたいと思います。
 
年末に差し掛かってきますと、最近いろんなサイトでは、2020年のまとめ、分析などの記事を公開しました。無料動画投稿サイト、You Tubeも、今月3日、2020年に台湾で再生回数が最も多かった動画のランキングを発表しました。今日は、You Tubeが発表した、2020年に、台湾で最も再生回数の多かったミュージックビデオトップ5の歌をお楽しみいただきたいと思います。
 
方言によるオリジナルの音楽創作を奨励するために、毎年、文化部によって主催されている賞、「台湾原創流行音楽大奨(台湾オリジナルミュージックアワード)」は、最近、今年の受賞作アルバムをリリースしました。
 
台湾のC-POPにご関心のあるかたなら、おそらく近年台湾音楽業界で巻き起こしている、ヒップホップとラップのブームに気づいているのでしょう。ネットやインディーズ出身のヒップホップやラップ歌手が爆発的な人気を持って、音楽業界で頭角を現すケースがどんどん増えています。
 
近年、台湾のC-POPといいますと、海外でも大人気な、ワン・リーホン、ジェイ・チョウ、レイニー・ヤン、シンディー・ワンなどの大物の歌手のほか、インディーズ出身のアーティストたちもどんどん注目されるようになる傾向があります。
 
今週は、音楽の創作、演劇、監督業など、多岐にわたる分野で活躍している台湾の男性歌手、呉克群(ケンジ・ウー)が今年に発表した、とても特別なニューアルバム『你説 我聽著呢(I am Listening/話して。私が聞いているから)』をお送りしたいと思います。これは、2019年5月にケンジ・ウーの主催で行われた同名のプロジェクトから派生されたアルバムです。
 
Loading …

Краткое руководство

Google login Twitter login Classic login